徳川家光ゆかりのお寺「宿鳳山高円寺」をご紹介

宿鳳山「高円寺」をのぞいてみれば

徳川三代目将軍家光が、この地に鷹狩りのため訪れ、雨宿りのためにこの寺に立ち寄った際、時の住職のさりげないもてなしが気に入られ、鷹狩りの度に立ち寄るようになったそうです。 それまで「高円寺周辺」は小沢村と呼ばれていましたが、家光が寺の名前から高円寺村と改称したとされており、それが現在の「高円寺」という地名になったんですって。
高円寺参道整備されてる参道
高円寺山門雰囲気のある山門
境内には、家光自身が手植えをしたとされる「お手植えの茶の木」あるそうです。徳川家ゆかりの寺であることからか「三つ葉葵の紋」を所々に見ることができます。
開運子育地蔵堂から本堂開運子育地蔵堂から本堂
本堂本堂も結構りっぱです。
開運子育て地蔵開運子育地蔵堂
本堂屋根上に三つ葉葵の紋が見れる