高円寺南口のメインストリート、高円寺パル商店街をご紹介

高円寺パル商店街を歩いてみれば

アーケードの完成と同時期に商店街の名称を「パル」という、「ともだち」や「なかま」の意味をもつ言葉にしたそうです。商店街を歩いているときにも「ともだち集まるアーケード」というメッセージをよく耳にします。アーケードの中間地点にある、7色に変化するLED照明「ジャンクションドーム」が印象的です。
パル商店街パル商店街入り口「ウェルカムプラザ」
パル商店街阿波踊りが描かれた石柱
商店街の入口付近は、ウェルカムプラザと呼ばれ、その周辺に設置されている石の柱には、阿波おどりのイラストが描かれています。もともと、この商店街から「阿波踊り」を始めたそうで、今では高円寺中を巻き込んでの一大イベントと化しましたからね。
パル商店街天井にジャンクションドームが
パル商店街高円寺生まれ元祖仲屋むげん堂さんもあります。
特に南口は、街の再開発話を断り続け、商店街の形態を続けた高円寺界隈ですが、やはり後継ぎ問題などもあり、お店の出入りも多くなってきているようです。昔からのお店とチェーン店との競合も見られますが、古着屋さんのように、若い人たちが店舗を構える傾向もあり、まだまだ、「高円寺」という響きのパワーは顕在なのです。
パル商店街
パル商店街
パル商店街ごん存じチチカカ
パル商店街パル商店街を抜けるとルック商店街になります。
このパル商店街を抜けるとその先は「ルック商店街」と名前を変え、丸ノ内線 新高円寺駅のある青梅街道へと続くのです。パル商店街と高南通りの間の路地には、おしゃれなオプティシャン・ブランド(めがね専門のデザイナーズブランド)を扱う「パワースペックボストン」さんがあったり、ユニークな食堂や風俗店も混在する高円寺らしい街角なのです。
パル商店街パワースペックボストン
パル商店街こちらはインドではなくタイ