直木賞作品「高円寺純情商店街」、ドラマ化で一躍全国区となった「高円寺純情商店街」をご紹介

高円寺純情商店街を歩いてみれば

ドラマ化もされ、高円寺の代名詞的な存在になった「高円寺純情商店街」には実際に、ねじめさんの父親が経営していた「乾物屋」(後に民芸品屋さんへ転業)がありました。その頃の商店街の人間模様を描いていたのが「高円寺純情商店街」なんです。
普通の洋服屋さん巣鴨にもありそうな洋服屋さん
お煎餅屋さんお煎餅屋さんなど普通の個人商店が残っています。
ねじめさんのお店は、区画整理の時に、阿佐谷パールセンターに移っていったそうです。純情商店街(というより高円寺の商店街全般かな?)は、一本の道というより、路地と路地裏がつながりあって、本当にお多くの商店がゴチャっと集まっている感じです。
純情商店街メインストリート純情商店街のメインストリート?
庚申通り商店街純情商店街に続く庚申通り商店街
純情商店街を左に折れると、早稲田通りまで延びている「庚申通り商店街」に突き当ります。不思議なほど、居心地の良い商店街が続いているのです。
小さい商店が続きます小さなお店が軒を連ねています。
高円寺純情商店街商店街らしい商店街です。