古着の街と呼ばれる由縁のエトワール通りから始まった、広がり続ける古着文化をご紹介

高円寺古着屋さんの人気をのぞいてみれば

昔は、夜に露店が立ち並ぶ事から、「夜店通り」と親しまれていたエトアール通りですが、今は、古着屋さんが立ち並ぶ商店街として有名になりました。そういえば、お祭りの境内に出る露店の区画と同じくらいの幅の間口のお店が多いような・・・。今の「西友」がある場所に「エトアール劇場」という名前の映画館があったんだそうです。もともと「エトアール劇場」は、芝居小屋だったのだそうですが、日活、東映系の映画館を経て西友になったようです。
エトアール通り古着で有名になったエトアール通り
古着屋さんパル商店街の横にスグお店が広がります。
古着屋
古着屋さん
パル商店街から一歩入った、西友の近辺だけでも、数件のお店が固まって並んでいます。衣料だけでなく、スニーカーや雑貨、カバンまでUSEDの品なら、何でも手に入るような感じなんです。最近は、古着ばかりでなく、オリジナルブランドの製品も置いている店が、少なくありません。
古着屋さん
古着屋さん
古着屋さん
古着屋さん
古着屋さん
古着屋さん
エトアール通りから火のついた感のある古着屋さんですが、次第に、パル商店街から新高円寺まで続くルック商店街や、パル商店街の横の路地、はたまた高南通りを挟んで、地名の由来となった宿鳳山「高円寺」あたりまで、古着屋さんが広がっています。今やそちらの方がメインっぽい感じがありますが・・・、「古着の街・高円寺」と呼ばれるのも納得。
古着屋さん
古着屋さん
古着屋さん高南通りを挟んでも古着屋さんが並んでます。
古着屋さんや、安い!
古着屋さん
古着屋さん
実際に、お気に入りの商品を探しながら歩いていたら、とても一日で、まわりきるの大変だろうなぁ〜。楽しいけれど・・・。
古着屋さん
古着屋さん
古着屋さん
古着屋さん
古着屋さん
古着屋さん